アーティスト 松宮喜代勝の公式HPです



彩相(さいそう)作品について 

≪色について≫

 

松宮さんは、何故赤を多く使うのでか?とよく聞かれます。

勿論、一番好きな色だからです。と答えます。

あえて言えば、赤が無いと生きて行けないからです。 そして、生き続ける為には、少しの青と黄が必要なのです。

たまに使う白と黒は、外向き用のものです。やはり“色”を“言語”で置き換えることは難しいですが、世の中から色を欠くと生きて行けなくなるでしょう。

私にとって、赤は、意識以前の連れ合いなのです。  

私の心象風景なのかもしれません。

                                                    作者の言葉へ 

地球と握手について

 

 自然(地球)と共生(握手〉がテーマの「地球と握手」は、アーティスト(造形作家)松宮喜代勝が「愛・地球博」以後、取り組んで来た市民参加型アート・プロジェクトです。

地球(世界)市民が交流・発展・平和を求めて、土(地球)を握り(握手)その握りオブジェに自分の名前を刻むワークショップを行います。 それを市民とアーティストとの共同作品にして、日本をつなぎ、次にシルクロード、そして世界をつなぐことを目的に、2004年からスタートしたものです。

現在は、東北の復興から発展を願う 「子どもサポートプロジェクト」 と、「人道の港・敦賀」 とポーランドとの交流を通して、命の意味を問う 「平和の握手プロジェクト」 を中心に、地域の活性化に少しでも役たてばと願って続けています。

NPO法人地球と握手のサポートの元で展開しています。




           NPO法人地球と握手のホームページへ

 

 

                               地球と握手in上海万博